みょうがのレシピと育て方ガイド⇒みょうがのレシピ・料理⇒薬味としてのみょうが

薬味としてのみょうが

スポンサードリンク

【具だくさんそうめん・・・材料/4人分】



○みょうが・・・2個 ○ホタテ貝・・・8~12個
○甘エビ・・・12個 ○缶詰みかん・・・12個
○万能ねぎ・・・適宜 ○ショウガ・・・1カケ
○そうめん・・・400g

干ししいたけ・・・4個 
○もどし汁・・・1カップ ○砂糖・・・大さじ1/2
○みりん・・・大さじ1/2 ○しょう油・・・大さじ1

そうめんつゆ
○水・・・カップ4 ○昆布・・・10センチ角
○かつおぶし・・・15g ○薄口しょう油・・・カップ1/2
○砂糖・・・大さじ1 ○みりん・・・大さじ1

【作り方】
1.そうめんのつゆを作るために、だし汁に昆布を30分くらいつけてから火にかけ、煮立つ直前に昆布を鍋から取り出し、かつおぶしを入れて火を止める。5分位したらこして冷やしておく。
2.干ししいたけをもどす。
3.分量のもどし汁に細切りにしたしいたけを入れ火にかける。
4.煮立ったら砂糖、みりん、しょう油を入れて煮る。
5.みょうがを小口切りにし、2~3分水にさらし水気を切っておく。
6.甘エビとホタテ貝はそれぞれゆでる。
7.万能ねぎを小口切りにする。
8.ショウガをすりおろす。
9.うめんをゆでて、冷水で洗い水をきり、具をのせて盛り付ける。

【食感】
みょうが、ショウガ、ねぎなどの薬味とそうめんが合っていて食欲のない時でもスルスルと食べられます。具をたくさんのせて栄養もバッチリです。

※ 冷奴の薬味にもみょうがをたっぷりのせて食べてみましょう。おいしいですよ!



○栄養価
みょうが・・・カリウムなど
甘エビ・・・タンパク質・カルシウム・リンなど
ホタテ貝・・・タンパク質・タウリン・ビタミンA・鉄・カルシウムなど
缶詰みかん・・・ビタミンA・C・Pなど
万能ねぎ・・・ビタミンA・Cなど
ショウガ・・・カリウムなど
干ししいたけ・・・太陽に当たるとビタミンDになるエルゴステロールなど
砂糖・・・炭水化物(糖質)など
そうめん・・・炭水化物・タンパク質など
昆布・・・カルシウム・カリウム・リン・ビタミンA・B2・植物繊維など
かつおぶし・・・タンパク質・タウリン・ビタミンD・鉄・カリウム・旨み成分のイノシン酸など

○効用  
みょうが・・・芳香の成分はアルファ・ピネンで、食欲増進・血行促進などの効用がある。冷え性の方にもお勧めです。
甘エビ・・・高血圧・味覚障害など
ホタテ貝・・・動脈硬化・肝機能・目・糖尿病・疲労回復・貧血など
缶詰みかん・・・がんの予防・高血圧・毛細血管の強化・風邪の予防など
万能ねぎ・・・風邪の予防・血液サラサラ・美肌・不眠など
ショウガ・・・食欲増進・殺菌作用・消炎作用など
干ししいたけ・・・コレステロール低下・高血圧・がんの予防・カルシウムの吸収など
砂糖・・・疲労回復・防腐作用など
そうめん・・・エネルギー源・消化吸収がよいなど
昆布・・・骨粗しょう症・コレステロール低下・高血圧・美肌など
かつおぶし・・・コレステロール低下・動脈硬化・肝機能・骨粗しょう症・貧血・美肌など

スポンサードリンク