みょうがのレシピと育て方ガイド⇒みょうがのレシピ・料理⇒お寿司にみょうが

お寿司にみょうが

スポンサードリンク

【材料/4人分】



○みょうが・・・4個 ○鯛 (刺身用)・・・8切れ
○甘エビ(刺身用)・・・8尾 ○ホタテ貝(刺身用)・・・4個
○ぶり(刺身用)・・・4切れ ○まぐろ(刺身用)・・・4切れ
○鮭(刺身用)・・・4切れ

錦糸卵
○卵・・・2個 ○砂糖・・・小さじ1
○塩・・・少々 ○油・・・少々
○貝割れ大根・・・少々 ○レモン・・・少々

すし飯・米・・・3カップ
合わせ酢
○酢・・・大さじ75cc ○砂糖・・・大さじ1
○塩・・・小さじ1/2



◆作り方

①米を炊き、蒸らした後合わせ酢を回しかけ切るように混ぜ合わせる。
②卵に砂糖・塩を混ぜ薄焼きにし、細く切る。
③みょうが2個を甘酢みょうがにする。
④残りのみょうがを縦に千切りにし、2~3分水にさらす。
⑤器にすし飯を入れ、錦糸卵をのせ、魚、みょうが、貝割れ大根、レモンなどを盛り付ける。

(食 感)・・・海の幸、山の幸でおいしく満足できますよ♪



※甘酢みょうがを笹で包んだ押し寿司の上にのせて食べるところもあります。みょうがのいい香りがして、さっぱりとおいしいです。

○栄養価
みょうが・・・カリウムなど
鯛・・・タンパク質・タウリン・EPA・DHAなど
甘エビ・・・タンパク質・カルシウム・リンなど
ホタテ貝・・・タンパク質・タウリン・ビタミンA・鉄・カルシウムなど
ぶり・・・タンパク質・タウリン・EPA・DHA・ビタミンB1・B2など
まぐろ・・・タンパク質・ビタミンE・DHA・鉄・カルシウムなど
鮭・・・タンパク質・ビタミンA・B1・B2・B6・D・E・EPA・DHAなど
卵・・・タンパク質・ビタミンA・D・鉄・ビタミンB2
貝割れ大根・・・ビタミンC・Aなど
レモン・・・ビタミンC・クエン酸など
米・・・炭水化物・良質なタンパク質など
砂糖・・・炭水化物(糖質)など
塩・・・塩化ナトリウムなど
○効用  
みょうが・・・芳香の成分はアルファ・ピネンで、食欲増進・血行促進などの効用がある。冷え性の方にもお勧めです。
鯛・・・高血圧・動脈硬化・ストレス・美肌・脳の活性化など
甘エビ・・・高血圧・味覚障害などなど
ホタテ貝・・・動脈硬化・肝機能・目・糖尿病・疲労回復など
ぶり・・・高血圧・動脈硬化・肝機能・脚気の予防・脳の活性化など
まぐろ・・・肝臓・高血圧・動脈硬化・脳の活性化・老化防止など
鮭・・・血栓症・動脈硬化・がんの予防・美肌・脳の活性化・目など
卵・・・動脈硬化・心臓病・糖尿病・風邪・美肌効果など
貝割れ大根・・・食欲増進・消化促進・疲労回復・美肌など
レモン・・・疲労回復・美肌・肝機能など
酢・・・疲労回復・血液サラサラ・消化促進・殺菌作用など
砂糖・・・疲労回復・防腐作用など
塩・・・防腐作用など

スポンサードリンク